2014年初頭にあたって2 | FX自動売買最強投資術

2014年初頭にあたって2

Pocket

皆さんこんばんは。

Mr.Kです。

今回は次回からの続きです。

前回はこれから日本で起きることと、今水面下で進行していることについて書きました。

今日は、ではわれわれはどうしたらよいかということについて書いていきたいと思います。

非常に長くなりましたが、ここからが本題です。

結論から書くと、まずは世界の変化に耐えうる力を身につけようということですね。

日本国民の大部分は雇用されている側の人でしょうから、このページを見ている人も大部分がサラリーマンだと思います。

今までの「学校を卒業して新卒で入ったら誰もが定年になるまで雇用される世界」はもうすぐなくなるということを前回までにお話しました。

今実感している方も居ると思いますが、何年も同じ世界でメシを食っているとその業界のサラリーマンという立場に最適化された人間になります。

そしてその世界以外では食っていけなくなり、変化に対応出来なくなっていってしまいます。

「いいや、オレは違うよ。オレがいなかったらウチの会社は回らない。オレは替えの効かない存在だ」と思っている方も居ると思います。
その方にお尋ねしますが、今までヘッドハントされたことがありますか?

されたことがある方は、貴方は会社にとって必要不可欠な人材です。
少し安心してよいかも知れません。

本当に必要な人材はハローワークのような雇用市場には出てきません。

貴方が会社を辞めたら、次の日にはハローワークに通わなくてならない立場なら、残念ながら貴方は会社にとってどうしても必要な存在ではないということです。

これは別にバカにしているわけではありません。私も含めて恐らく、大部分の人がそうだと思います。

前回の「高度な判断や専門技術を持った人」と被りますが、会社にとってどうしても必要な存在というのはそれほど割合は多くは無いはずです。

ここまで読みすすめて、「それじゃオレは業界で唯一無二の存在になる」と血反吐を吐くような努力をすること決意された方は立派です。

その道でがんばってください。

そのほかの方にお尋ねします。

では変化に耐えうる力とはなんでしょうか?

それは、「自分の食い扶持は自分で稼いでいける力」だと思います。

このページにたどり着かれた方は多少なりともFXに興味がある方だと思いますので、私はFXの自動売買をお勧めしますが、もし貴方が他の分野で特殊な能力を持っており、それで食っていけるだけの力があるならばそれでもいいと思います。

株でも不動産でも、インターネットビジネスでも何でもいいです。

ただ、多くのサラリーマンはいきなり副業として事業を始めるという行為にはハードルが高いと感じていると思います。

そもそも、会社の服務規程で副業が禁止の方もいらっしゃるでしょう。

ネット企業家で有名な小玉歩さんは「クビでも年収一億円」という本を出していますが、それはまさにそういう内容の本ですね。(私は読んでませんので全ての内容を知っているわけではありません。)

amazonなどで本の紹介を見ると、一部上場企業に勤めていた小玉さんが、インターネットビジネスを始めたら、会社にバレて自主的に辞めることを求められたという内容のようですが、いきなり副業を始めるよりは投資の一種であるFXの方が、今の立場をそれほど大きく変えずに自分の力をつけていけて、かつ、収入を増やしていける敷居の低い方法だと思います。

  • 収入は雑収入なので副業に当たらないため副業禁止の会社でも問題が無い
  • 手軽に始められれる。
  • 厳密に言うと違いますが、日本の景気不景気とは関係のない原理で動いている市場なので国内事情にそれほど大きな影響を受けない
  • 自動売買なのでいちいちパソコンの前にかじりついていなくても良い
  • デモ口座で試してみるだけならば無料で試せる。

貴方がもし上のようなメリットに魅力を感じるならば是非チャレンジしてみてください。
給与以外の収入を得るということが貴方の未来を大きく変えていくかも知れません。



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ

ブログランキング参加中!応援お願い致します。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX自動売買最強投資術

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

Facebookでコメントする




FX自動売買最強投資術 TOP » FXマインド論 » 2014年初頭にあたって2