年度末でいろいろな手続きに行ってきました。 | FX自動売買最強投資術

年度末でいろいろな手続きに行ってきました。

Pocket

皆さんこんばんは。Mr.Kです。

今日は年度末の上に月曜日なので、いろいろな手続きに行ってきました。

その手続きの一つに住民票取ることがあったのですが、年度末なのでかなりこんでいました。

昔に比べるとかなりマシですが、遅々として進まない順番待ちをしながら、効率性というものを考えていたりしていました。

一応私が住んでいる町は、駅に入っているサービスセンターや出張所などでも住民票が取れるサービスがあるので、割とマシなほうだと思います。

住基カードというものがありますが、自治体によっては事前に登録すればあれでコンビニのコピー機で住民票などが印刷できるようになるようですね。

http://www.sej.co.jp/services/public.html

セブンイレブンの例

正直、住基カードというものが始めて出来たとき、こんなの誰も使わないなと思ったのですが、今はわりと便利になってきましたね。

運転免許証、パスポートと並んで第三の身分証明の地位を築けるように進化できればよいと思います。

行政サービスは非効率だなあと思うところは

運転免許証・住基カード・パスポートのIC部分なんかはすべて共通・一元化すべき。

その上でこの統合されたカードを使って自動販売機的に住民票などの各種証明を発行すればよいと思います。

こうすれば、窓口の人件費を圧縮できますね。

申請にしにきた人は全員写真を撮影して発行した書類のナンバーと一緒に10年でも20年でも保管しておけばよいでしょう。

HDDの容量は年々飛躍的に上がっているので、別に困りはしないと思います。

画像認証システムを利用して、現在の顔写真と証明書の顔写真が余りに違う場合のみ、人間の確認を取るようにすればよいと思います。

または指紋認証や静脈認証を組み合わせてもよいですね。

ここまでやればおそらく、飛躍的に人間が要らなくなると思います。

通常の窓口対応は受益者負担で10倍くらいお金取ればみんな進んで電子化に移行すると思います。

もしくは行政書士に呼びかけて、一日いくらの日当か、手数料を全部利益にしてもらって対応してもらえばよいと思います。

高度な行政サービスを希望する人には特別に対応するチケットのようなものを買ってもらえばよいのではないでしょうか?

市民からの相談なんてものは、全部コールセンターにつないでマニュアル回答、マニュアルで回答できないもののみ市役所に転送すればよいのではないでしょうか?

行政サービスがスリム化、効率化したと言っても、現状ではコンピューターを使う意義みたいなものは感じないレベルですね。

電子申告もそうですが、お役所の電子化は子供の遊びみたいなレベルです。

本気でやりたいなら、社会保険・税金・住民基本台帳カード・運転免許証・パスポートのすべてを統合して一元管理できるようにすべきでしょうね。

本気で電子化すれば市役所の職員は1/10に出来るでしょう。

ただしこれが労働者にとって幸せな世界かといえばそうではないと思います。



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ

ブログランキング参加中!応援お願い致します。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX自動売買最強投資術

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

Facebookでコメントする




FX自動売買最強投資術 TOP » その他 » 年度末でいろいろな手続きに行ってきました。