ウクライナ情勢がまた激化してきましたね | FX自動売買最強投資術

ウクライナ情勢がまた激化してきましたね

Pocket

みなさんこんばんは。Mr.Kです。

ウクライナの情勢がまた緊迫化してきましたね。

傾向としては円高・ユーロ安に触れてきています。

何か起きたらまた激しく相場が動くことになるんでしょうね。

去年の今頃は2014年までに120円台に突入すると思っていたのですが、大はずれです。(笑

世の中そう簡単には行きません。

東アジアの情勢を見ると、円安傾向は不可避かなと思っていましたが、世界で何か緊張が起きると円が買われる流れになるので、一方的に円安にはなりませんね。

私のフォワードは止めませんが、リアル口座は止めるかも知れません。

わざわざ不安定な相場に付き合って、損失をこうむることは無いと思います。

不安定といえば、お隣の韓国はちょっとまずい状況ですね。

このまま世界情勢が安定-円安・ウォン高で経済が厳しくなる

このまま世界情勢が不安定化-中国からの軍事的圧力が高まる

こんな感じです。

アメリカVSロシアの対立でアメリカが劣勢になれば、極東アジアでの中国の圧力が強くなるので、韓国は非常に難しい立ち位置に立たされているといえます。

日本も一昔前の冷戦構造のように単純な敵味方の二元論では語れない外交が要求されますが、韓国ほどではありません。

経済的にもインドネシア国策企業で韓国ポスコの合弁であるクラカタウポスコが大事故を起こして莫大な賠償金(一説によると9兆円)を払わされるというニュースもあり予断を許さない状況です。

※ この事故は日本では規模のわりにまったく報道されていません。

※ ニュースソースを日本のメディアだけに頼るのは本当に辞めた方がいいです。

さらにサムスンVSアップルの裁判でサムスンが負け、スマホ一台あたり4000円相当の賠償金を払わされるとか、ヒュンダイ自動車が大規模リコールなど、まさにケチのつきっぱなしです。

ウクライナでアメリカが外交的に敗れると、今度は中国の対韓、対日圧力が増すのが目に見えてますので、韓国は外交的にも経済的にも軍事的にもかなりの危機に立たされているといってもいいですね。

韓国がおかしくなった裏には中国の圧力がありますので、日本も引き続き注視しなくてはならないかも知れません。

もっとよく知りたい方は、日経ビジネスオンラインの早読み・深読み朝鮮半島というコラムを読んでみてください。

登録が必要ですが、記事そのものは無料で読めます。

一見すると意味不明の韓国の行動が良く分かると思います。



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ

ブログランキング参加中!応援お願い致します。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX自動売買最強投資術

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

Facebookでコメントする




FX自動売買最強投資術 TOP » その他 » ウクライナ情勢がまた激化してきましたね