Build600の作法 | FX自動売買最強投資術

Build600の作法

Pocket

みなさんこんばんは。Mr.Kです。

今日はBuild600の動作で変わった点をお話します。

このサイトは自動売買のサイトですので、自動売買を使う上での変更点を中心にお話します。

既に散々語りつくされていることですが、一番の変更点はフォルダの位置や構造が変更になりました。

どのように変わったかですが、下の表で説明していきます。

まず、前提となる設定です。

OS Wuindows7 64bit

インストール先フォルダ C:\Program Files(x86)\mt4

ログオンしているユーザー名:keroyon

※(32文字の英数)はインストール時にMT4が勝手に作るフォルダです。

keroyonというユーザーがインストーラーを使ってMT4をインストールする際にC:\Program Files(x86)の中にmt4というフォルダを作ってそこにインストールしたという前提でお話を進めます。

 Build509以前Build600以降
本体
フォルダ
c:\Program Files(x86)\mt4c:\Program Files(x86)\mt4
EAなどを
コピーする
フォルダ
c:\Program Files(x86)\mt4c:\USERS\keroyon\Appdata\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(32文字の英数)\MQL4
Experts
フォルダ
c:\Program Files(x86)\mt4\expertsc:\USERS\keroyon\Appdata\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(32文字の英数)\MQL4\experts
Libraries
フォルダ
c:\Program Files(x86)\mt4\experts\Libraliesc:\USERS\keroyon\Appdata\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(32文字の英数)\MQL4\Libralies
indicators
フォルダ
c:\Program Files(x86)\mt4\experts\indicatorsc:\USERS\keroyon\Appdata\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(32文字の英数)\MQL4\indicators
Scrips
フォルダ
c:\Program Files(x86)\mt4\experts\scriptsc:\USERS\keroyon\Appdata\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(32文字の英数)\MQL4\scripts

※ 上のようになります。

一応、EAをインストールするときに使うことが多いLibrariesのほかIndicatorやScriptsも含めておきます。

結論から言うと、C:\USERS\(ユーザー名)\Appdata\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(32文字の英数)\MQL4というフォルダに移動になったということです。

個別に違う部分としては(ユーザー名)は貴方が使っているユーザー名で、(32文字の英数)はMT4が初回起動するときに他のMT4とダブらないようにして自動的に作るフォルダです。

わかりずらくなった点としては、複数のMT4をインストールしている場合、初回起動するときに作る(32文字の英数)を見ただけではどのMT4がどのフォルダに対応しているのか分からないところでしょう。

これを嫌っている人も居るようですね。

なれるまで大変かも知れません。

一応C:\USERS\(ユーザー名)\Appdata\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(32文字の英数)の中にorigin.txtというファイルがあり、そのファイルをメモ帳などで開くと、どのMT4のフォルダなのか確認することが出来ます。

なぜこのような仕組みにしているのか説明します。

WindowsXPのサポートが終って、Vistaや7から変わったこととして、通常使うユーザーと管理者ユーザーを分けるというものがあります。

そして自分が使っているユーザーのデータは全てC:\USERS\(ユーザー名)の中に入れるというものがあります。

互換性の問題で従来どおりProgram Filesにデータを保存するお行儀の悪いプログラムがありますが、それはいけませんよということです。

何が変わるか?ですが、「ログオンしているユーザー」によってMT4を起動しても設定が変わるということです。

意味が分かりますか?

c:\USERS\(ユーザー名)\Appdata\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(32文字の英数)\MQL4のフォルダを使うわけですから、ログオンしているユーザーが変わると当然、フォルダが変わります。

別のユーザーで間違ってMT4を起動しても同じ設定で二重起動はされません。

ほとんどの人はユーザーを一つしか使っていないので面倒に感じるかも知れません。

よって恩恵を感じる人はほとんど居ないと思いますが、マルチユーザー型のOSの動作としてはこれは極めて正しい作法です。

なれるまでは大変かも知れませんが、単に丸暗記するだけではなく、管理する方法がユーザー単位に変更になったと覚えておけば分かりやすいと思います。



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ

ブログランキング参加中!応援お願い致します。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX自動売買最強投資術

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

Facebookでコメントする




FX自動売買最強投資術 TOP » その他 » Build600の作法