FOMCでのドローダウン | FX自動売買最強投資術

FOMCでのドローダウン

Pocket

皆さんこんばんは。Mr.Kです。

先日のFOMCからEURUSDが不安定ですね。

フォワードのEURUSDのEAは何度もドローダウンしています。

BandCross3、TomoBigBreak2はかなり大きなドローダウンを喫してしまいました。

リアル口座はもちろん止めていましたので、特に被害はなかったのですが、止めない主義の人もいるでしょうから、損失を出された方も多かったと思います。

PA-Tradeも損失が発生しています。

元々PA-Tradeはハイリスク設定で月20%ほどなので、今までが出来すぎといえば出来すぎだったというのが私の正直な感想です。

※ PA-Tradeは稼動させる時期が悪いとジリジリと損失が出る期間に当たることがあります。

※ フォワードは三ヶ月とか半年で見ると右肩上がりに推移しているEAですが、短期的には損失を出すこともありますので、注意してください。

話を戻すと、EURUSDはここ数日で1時間で100pips以上も動くような乱高下をしていますので、暫く様子を見たほうが良いかも知れません。

こういう相場では、逆張りのScalpingは弱いです。

もっとも昨年は、順張りも逆張りも満遍なく負けるという凄い相場でしたが・・・(笑

去年の前半も突然ボラティリティが小さくなってかなり難しい相場になりました。

年の前半というのはどうも難しい相場が多いという印象があります。

13年、14年でもうかなりブレイクアウト型が沈みましたが、今年は逆張りのScalが厳しいですね。

ボラティリティがなさ過ぎるのも厳しいですが、乱高下されるのも困ったものです。

前半の見通しで言えばギリシャ問題が先送りされているので、今年の前半の最後に問題が解決されなければかなりの市場の混乱が予想されます。

ドル円で言っても、緩和緩和といっていますが、ギリシャ問題の動向によっては、円が買われる動きになるかもしれません。

この辺は読めないところだと思います。

ドル円のマーチンを使っている方は要注意ですね。



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ

ブログランキング参加中!応援お願い致します。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX自動売買最強投資術

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

Facebookでコメントする




FX自動売買最強投資術 TOP » その他 » FOMCでのドローダウン