PA-Tradeの成績が上がってきました。 | FX自動売買最強投資術

PA-Tradeの成績が上がってきました。

Pocket

みなさん、こんばんは。Mr.Kです。

先月のFOMC以来、じわじわと損失を出していたPA-Tradeですが、成績が戻ってきました。

フォワードは当サイトのオリジナルフォワードも含めて、三つもあるので、情報はかなり多いほうだと思いますが、それでも他人の成績がどうなっているのか気になる人も多いと思いますので、私のリアル口座の成績をご紹介します。

3/24スタート
PA-Trade1
-0.88%

2/16スタート
PA-Trade2
+18.46%

上のようになっています。

マジックナンバーごとに表示していますので、ちょっとわかりにくいですが、2/16スタートのほうは、ほぼFOMC前の水準に戻り、3/24スタートのほうは今までのマイナスをほぼ0まで戻した形です。

3/24スタートのほうは、損失が出ているのが判っていたので最低ロットでスタートしました。

上と下は違うブローカーを使っていますが、どのブローカーでも似たような結果になっています。

しかし、全く同じにならないのが面白いところです。

私は日足のEAなんだから、ほとんど同じ結果になるだろうと思っていましたが、実際は想像とは全く違っていました。

公式のAlpariとRoboforexを見れば判りますが、かなり違います。

利益が出るタイミングと損失がでるタイミングはほとんど同じですが、利益の大きさと損失の大きさが違います。

※ 決済されるタイミングが同じだが、通貨ペアが微妙に違っていたりします。

AlpariとRoboforexを比べてみてもどっちが良いとは一概には言えません。

以前はAlpariのほうが良かったですが、最近はRoboforexのほうが良いです。

このEAが利益を出すときは含み益がかなり出るので、事前にわかりますが最近はRoboforexのほうが含み益が大きいです。

このように好調・不調の波があるEAですので、購入者さんは限定ページをよく読んで、フォワードを見て、今好調なのか不調なのか判断して稼動していただければと思います。

値上げ前に買って、成績が上がってきたときに稼動させている方も居るようです。

仕込みに時間がかかるEAですので、調子の良いときに稼動させれば必ず利益が出るとはいえませんが、調子が悪そうな時期をはずして調子が戻ってきた時期にスタートさせるというのも面白い考え方だと思います。

すぐに利益にならなかったとしても、フォワードがプラスになっているかマイナスになっているかで精神的にもかなり違います。

※ PA-Tradeのもう一つ良いところは、一ヶ月にかなりの取引をしますので、キャッシュバックの金額も大きくなるところです。

※ ある程度まとまった資金があれば、すぐにEA代くらいのキャッシュバックは見込めると思います。

※ 同じく取引数の多いMFM4と組み合わせるとキャッシュバックの金額もかなり大きくなりますので、是非活用してください。

PA-Trade_boxshot_s



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ

ブログランキング参加中!応援お願い致します。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX自動売買最強投資術

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

Facebookでコメントする




FX自動売買最強投資術 TOP » 推奨EAについて » PA-Tradeの成績が上がってきました。