PA-Tradeの6/2・3に発生した損失について | FX自動売買最強投資術

PA-Tradeの6/2・3に発生した損失について

Pocket

PA-Trade_boxshot_s

みなさんこんばんは。Mr.Kです。

今日は先日に起きたPA-Tradeの損失についてお話しします。

この損失は主に6/2・6/3にかけておきました。

デモフォワードでは、6/2に9.6%、6/3に14.6%の損失が発生しています。

その前後も若干の損失が発生していましたので、累計でかなりの損失になっていますが、この両日以外の損失はPA-Tradeの普通の損失と考えて差し支えないと思います。

この損失が起きた原因というのは、6/2・6/3にユーロドルの値動きがそれまでのユーロ安からユーロ高に急激に転換したことによります。

ユーロがらみの通貨ペアは全て影響を受けました。

このくらいの値動きならば過去にもありましたが、問題だったのは、この値動きがプライスアクションというロジックからは外れた値動きだったということです。

それまで、かなり大きな含み益を持っていましたが、含み益を吐き出して損失が発生しました。

詳細に関しては、購入者限定ページに載せておきましたので、購入者さんは確認するようにしてください。

この損失が大きく見える原因のいまひとつはロット管理にあります。

当サイトのオリジナルデモフォワードではPA-Trade Ver1時代のハイリスク設定で運用しています。

Ver2になってから資金量に対する推奨ロットも変更になりましたので、かなり大きな損失に見えてしまうということです。

この辺に関しては、Ver2にアップデートした時点で、十分に資金が増加していて、問題ないだろうという判断の元にハイリスク設定を続けたわけですが、今後、少し考えたいと思います。

6/6、市場終了時点での含み益は176%まで回復していますので、ハイリスク設定が如何に刺激的な設定なのか理解していただけると思います。

今回デモフォワードでビックリするような損失が発生したように見えた原因は

1.プライスアクションというロジックに合わない価格の変動

2.ハイリスク過ぎる設定によって大げさに見えた

この二点が原因で起きました。

しかし、PA-Tradeのロジックは日足で判断している以上相場のノイズには比較的影響を受けにくいものだと思っています。

仮に今回の損失を出した値動きが、悪の秘密結社(笑 が人為的に起こしたものだとしても、日足に影響が出るほどの相場のコントロールを行うにはかなりのコストがかかるからです。

よってPA-TradeというEAそのものの優位性は失われていないと私は考えています。

細かい点に関しては、購入者限定ページに書いていますので、ここでは触れません。

面白いのはPipspeedやNightTraderは今回の相場変動でも損失を出していない点です。

これらのEAも成績が安定して右肩上がりになってきましたので、PA-Tradeと組み合わせすれば、安定して収益が期待できると思います。

6/19までに私から買っていただければ、この二つのEAが無料でついてきます。

PA-Tradeに不安を覚えた方は暫く様子を見て、この二つのEAを先に動かすというのもありでしょう。


PipspeedPRO公式フォワード


NightTraderPRO公式フォワード

キャンペーン中に買うとPA-Tradeも含めて三つのEAが手に入りますので、お得感はかなり高いと思います。

PA-Trade_boxshot_s



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ

ブログランキング参加中!応援お願い致します。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX自動売買最強投資術

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

Facebookでコメントする




この記事のコメント

ご質問の方法については可能です。
具体的な方法については、過去に購入者限定ページにてご案内しており、使うスクリプトも配布していました。

但し、予約注文が一定の数になるまで時間がかかるので、頻繁に稼動・停止を繰り返すのはお勧めしません。
今まで含み益が有る状態で、相場の急変により含み損に転じるということが何度もありました。
そこで、含み益が有る状態で、含み損を抱えたポジションも含めて強制決済するという方法はどうでしょう。

FX自動売買最強投資術 TOP » 推奨EAについて » PA-Tradeの6/2・3に発生した損失について