EAとドローダウン4 | FX自動売買最強投資術

EAとドローダウン4

Pocket

皆さんこんばんは。Mr.Kです。

今日はEAとドローダウンについての四回目、おそらくこれがこのテーマでの最後のお話になります。

今日は、ドローダウンの中でも開始直後にドローダウンしたらどうするのか?ということをお話します。

なぜこのような話をするかといえば、前にもお話しましたが、私は昨年度買ったEAのすべてが開始後1ヵ月以内にそれまでに無かった大ドローダウンを喫しているからです。

要するにこれについてはかなりのキャリアを誇ります。

まあ、そんな経験は誰もしたくないでしょうが・・・・。

まずバックテストの項目にAbsolute DrawDownという項目があり、スタートの金額からどのくらいの損失を出したかということをあらわしていますが、これは、そのときたまたまそうなっただけで、あまり参考になりません。

スタートする日付を変えるたびにほぼ確実に変わります。

開始直後に大ドローダウンを喫するとどうなるか?ですが、

1.買ったEAに対する信頼がいきなり揺らぐ

2.そのEAを選んだ自分の判断力に対して疑問を感じる

結果として「自信が無くなる」ということになってしまいます。

これは、たまたまという可能性が非常に高く、損失を出したEAを使い続けるのがイヤになりますが、そうなった場合でも様子を見たほうが良いです。

(もちろん成績の出ているEAに限っての話です。私が推奨するEAは成績が出ているものばかりですので、その辺は心配する必要はありません。)

この事態を防ぐにはどうしたらよいか?ですが

EAを稼動するスケジュールの項目でもお話しましたが、テストを入念にするということですね。

デモによるフォワードと、最低ロットでの稼動テスト、をどんなに短くてもそれぞれ一週間ずつ行い、そのEAに対する信頼を高めてくださいということです。

万が一それでも開始直後に損失を出してEAが信用できなくなってしまったら、デモフォワードで様子を見るということが必要だと思います。

(公式のフォワードがあればそれで様子見が出来ますので、公式がフォワードをしているかどうかというのは極めて重要な要素になります。)

公式のフォワードを見て繰り返し損失を出すようであれば、最終的にはそのEAは切り捨てるという決断も必要でしょう。

私が印象的だったのはTrinity Scalperで、当時の私の期待も大で、それまで非常に調子よく勝っていたにもかかわらず、私が買った途端にきれいに右肩下がりに落下して行きました(笑

なぜ私の期待が大だったかはレビューを見てください(笑

ちなみに公式のデモ口座とリアル口座でほぼ同じ成績でした。

※ デモとはいえ公式フォワードがあるというのは、EAメーカーさんの自信の表れであり、フェアな環境で試されても構わないという意思表示ですので、公式フォワードを行っているEAメーカーさんはすべて、信用してよいと思います。

ただし、信用するのと結果が出るのはまた別の話であることが、FX界の複雑で微妙なところです。

Trinity Scalperに関してはいろいろと書きましたが、「FTLさん」は信頼するに値する数少ないEAメーカーさんの一つだと思います。

Trinity Scalperに関しては私が呪われているのか、単に偶然なのかよく分かりませんが、残念な結果であることは確かです。

話が脱線しましたが、いきなりドローダウンするとEAのポテンシャルを発揮させないままお蔵入りさせてしまうことがありますので、その点だけ注意してください。

全四回でお送りしたこのシリーズも今回でひとまず終了したいと思います。

損失については今後何も無いことを祈っていますが(笑、何か出たらまた記事を追加して行きたいと思います



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 販売EA派へ

ブログランキング参加中!応援お願い致します。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX自動売買最強投資術

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

Facebookでコメントする




FX自動売買最強投資術 TOP » 資金管理 » EAとドローダウン4